パーソネルの評判がすこぶる高い【パーソネルでNOマネー活動】

真面目に仕事を探す人におすすめの転職情報

やる気を見せる

履歴書とともに、自己アピール文を同封する。

雑誌の編集者の求人に応募する際、履歴書にひと工夫すると、採用される可能性がアップします。その工夫とは、一般的な履歴書とは別に、自己アピール文を同封して送る事です。原稿は3000文字程度で構いませんので、小見出し3つ程でテーマを区切った内容にしましょう。テーマの例えとしては、応募した理由や自分が有する能力、入社後にチャレンジしたい事の3つなどです。この自己アピール文は、自己の経験や知識を相手に伝えるとともに、編集者としての能力とヤル気をアピール出来る効果があります。なぜなら、雑誌の記事は小見出しごとに内容が分かれている場合がほとんどで、その特性を理解し、相手にわかりやすく伝えるコツがわかっている事を、履歴書を読む編集者にアピールする事が可能だからです。

雑誌の編集部は、少数精鋭がトレンド。

雑誌の編集部は、ここ数年は求人を行っても少人数の採用がトレンドとなっており、応募そのものも多くはありません。そのため、その雑誌の編集者としての能力を十分に有しており、対象年齢などがマッチしていれば、採用率は比較的高い傾向にあると言えます。編集部そのものの人数も少なく、これは雑誌の編集後記を見れば明らかです。つまりは少数精鋭での雑誌作りがトレンドとなっているので、これが求人や採用人数が少ない大きな理由なのです。このため、求人が出る場合は中途採用である事がほとんどで、その雑誌作りにおける経験が豊富な人材が求められています。編集業務の経験そのものは、誰もが入社後に身に付ける事が可能ですので、とにかく深い知識や経験を有している事が大切です。